HOME  > 化学強化用特殊ガラス

化学強化用特殊ガラス

タッチパネルを搭載したスマートフォンやタブレットPCの市場は、世界で急拡大しています。
これらのモバイル機器の需要拡大の背景には、摩擦や衝撃から本体を守りディスプレイ本来の美しさを演出する、革新的なカバーガラスの存在があります。

優れた強度と耐傷性、高い質感を備えた化学強化用特殊ガラス「Dragontrail®(ドラゴントレイル)」

AGCグループでは、ディスプレイやタッチパネルの保護に最適な材料として、一般的に使われているソーダライムガラスでは得られない強度と、樹脂製のカバーでは得られない高い耐傷性、艶やかな質感を実現した化学強化用特殊ガラスDragontrail®(ドラゴントレイル)を開発し販売しています。現在、5カ国10 社以上の製品に搭載されており今後もさらなる需要増が見込まれています(2012 年10月時点)。

5カ国10社以上でスマートフォン、タブレットPC等のディスプレイに採用され需要拡大

このDragontrail®は、モバイル機器のみならず自動車への応用展開も期待されており、自動車のインパネ(計器盤)全体をタッチパネル化し、オーディオやカーナビ、エアコンなどの表示や操作を統合するという新たな試みにも大きく貢献しています。

タッチパネルとして使用できる自動車用インパネ(計器盤)など新たな用途も検討

また、太陽電池や建築、照明などさらなる用途の広がりに対して、化学強化特殊ガラスLeoflex™(レオフレックス)を開発しました。

一般的に、ガラスは割れやすく重いというイメージがありますが、このLeoflex™は、同じ厚さでも通常のガラスより高い強度が得られるため、軽さと薄さを実現できます。たとえば、太陽電池はその重さのために、設置場所や条件が限られることがありますが、このLeoflex™をカバーガラスとして使用することで、太陽電池の軽量化が可能となります。すでにLeoflex™を搭載した太陽電池も発売されています。
AGCグループでは、長年培ってきた高度で多様な技術を結集し、今後もガラスを使ったソリューションを追求します。
HOME  > 化学強化用特殊ガラス
Page Top