HOME > AGCグループ紹介 > AGC旭硝子ヒストリー

AGC旭硝子ヒストリー

AGCグループの中核企業 旭硝子は明治40年(1907年)に創立。日本で初めて板ガラスの工業化に成功しました。創業者岩崎俊彌の「易きになじまず難きにつく」という言葉は、時を超えて継承され、創業100周年を迎えたAGCグループの飛躍の原動力になっています。

1907 - 1913 創設期

旭硝子の改革 多角化の軌跡
1907 旭硝子 兵庫県尼崎市に創立
1909 ベルギー式手吹き法により日本で初の板ガラス生産に成功
1914 英国向けに初めて板ガラスを輸出
1917 本社を東京に移転 北九州工場でアンモニア法によるソーダ灰生産を開始
1925 中国に昌光硝子を設立

1928 - 1955 近代化に向けて

旭硝子の改革 多角化の軌跡
1928 フルコール式による板ガラス生産を開始
1933 創立25周年を記念し、財団法人旭化学工業奨励会(現 旭硝子財団)を設立 石灰法による苛性ソーダの製造開始

1950 - 1955 終戦後

旭硝子の改革 多角化の軌跡
1954 旭特殊硝子を設立 ブラウン管用ガラスバルブ事業に進出
<旭特殊硝子(株)>

複層ガラス(ペヤグラス)の製造開始

1956 - 1980 急速な発展

旭硝子の改革 多角化の軌跡
1956 インド旭硝子を設立

自動車用ガラスの生産を開始

テレビブラウン管用ガラスバルブの生産を開始
1957 創立50周年を記念し旭硝子奨学会を設立
1960 イオン交換膜の生産を開始
1963 タイ旭硝子を設立
1964 タスコケミカルをタイに設立 電解法によるソーダ・塩素の生産を開始
1965 中央研究所を横浜に建設
1966 フロート法による板ガラス生産を開始
1972 アサヒマス板硝子をインドネシアに設立
パシフィックグラスを台湾に設立
1973 AAグラスをアメリカに設立
1975 撥水撥油剤「アサヒガード」の生産を開始

フッ素樹脂「アフロンCOP」の生産を開始

イオン交換膜による苛性ソーダ製造技術を開発
1980 新電解法「AZEC システム」を開発

1981 - グローバリゼーション

旭硝子の改革 多角化の軌跡
1981 グラバーベル(ベルギー)及びマースガラス(オランダ)を買収
1984 日本カーバイト及びエルナーに出資 溶剤可溶型塗料用フッ素樹脂「ルミフロン」の生産を開始
1985 米国にAPテクノグラスを設立 無アルカリガラス及び合成石英の生産を開始
1989 サイアム旭テクノグラスをタイに設立 代替フロン「AK225」を開発
1991 環境に貢献した個人・団体を顕彰する 「ブループラネット賞」を創設 TFT液晶用ガラス基板の生産を開始
1992 大連フロート硝子を中国に設立

フロートガラス・インディアを設立

AFGインダストリーを買収
太陽光採光伝送システムの製造販売開始
<ラフォーレエンジニアリング(株)>
1994 ツー博旭硝子を中国に設立

1995 秦皇島海燕安全玻璃を中国に設立 中国での自動車用ガラスの生産を開始

低膨張防火ガラス「ピラン」の試販開始
1996 WEBサイトをスタート

AGエレクトロニックマテリアルズを米国に設立
プラズマディスプレイパネル用ガラス基板「PD200」の商業生産開始

PDP用ガラス基板「PD200」の生産を開始
1997 大型平面ブラウン管パネル「トリプレッド」の生産を開始
1998 医農薬中間体を製造する若狭エイ・ジー・シー・ファインケミカルを設立

APテクノグラス・デ・メヒコ(株)を設立
2000 コリアオートグラスを設立

旭硝子ファインテクノ台湾を設立
全フッ素樹脂光ファイバー「ルキナ」の販売を開始

たんぱく質生産システム「ASPEX」の商業生産を開始

自動車フロントガラス用
「低反射ガラス」「撥水ガラス」を開発

2001 - 21世紀へ

旭硝子の改革 多角化の軌跡
2001 ストックオプション制度を導入
2002 グループビジョン"Look Beyond"を策定

カンパニー制を導入

執行役員制や社外取締役などのコーポレート・ガバナンス改革を実施
赤外線カット自動車用フロントガラス「クールベール」を開発
2004 経営方針"JIKKO"スタート フルオンETFEフィルムがドイツのサッカースタジアム「アリンツ・アリーナ」で採用
2005 旭硝子ファインテクノ韓国を設立 ハードディスク用ガラス基板の生産を開始
2006 AGCガラスハンガリーを設立 フルオンETFEフィルムが中国・北京の競技場「国家体育場」「国家遊泳中心」に採用
2007 グループブランドをAGCに統一
2008 経営方針”Grow Beyond”がスタート
2010 世界最大のフロート工場がロシアで稼働開始 自動車ドア用ガラス「UVベールPremium」を発売開始
2011 中国で最初のTFT液晶用ガラス基板製造拠点、AGCディスプレイガラス(昆山)を設立 製品・技術の発展: 化学強化用特殊ガラス「Dragontrail」を発売開始
世界最薄0.28ミリのタッチパネル用ガラス基板を発売開始
フロート法による世界最薄0.1mm厚の「超薄板ガラス」を開発
2012 2014 FIFA World Cup™のブランドライセンス権を獲得 多用途向け化学強化特殊ガラス「Leoflex」を販売開始
2013 東南アジア地域統括拠点をシンガポールに新設
ブラジルでフロート工場が稼働開始
超低熱収縮ディスプレイ用ガラス基板「AN Wizus™」を販売開始
2014 ベトナムの塩ビ事業会社を買収
上海に化学品事業中国初のテクニカルセンターを新設
超軽量ソーラーパネル「ライトジュール」を販売開始
屋外でも使用可能な低反射ガラス「クリアサイト」を販売開始
2015 経営方針"AGC plus”がスタート
HOME > AGCグループ紹介 > AGC旭硝子ヒストリー
Page Top